スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

「是」ドラマCD 「ボーイズラブって好きですか?(37005)」

是 ―ZE―

原作;志水ゆき

キャスト;
雷蔵……鳥海浩輔
紺……福山 潤
彰伊……森川智之
阿沙利……千葉進歩
近衛……中井和哉
琴葉……緑川 光
和記……一条和矢
櫻花……神谷浩史
紅緒……吉住 梢

内容;
言霊を使う人間とその災厄を引き受ける紙様のお話。

天涯孤独になった雷蔵が家政夫としてやって来たお屋敷は、なんと言霊師と紙様の住む家だった。
そこで生活していく中で、紙様の紺を愛してしまう。
紙様として仕事ができずそのことに不安を抱いていた紺は、雷蔵との出会いで段々と素直になっていく。
ついに雷蔵は紺を自分の紙様にし、思いを遂げる。

もう一つのCPである彰伊&阿沙利の二人は喧嘩をして、阿沙利が家を出る。
もう紙様として役に立てなくなった阿沙利は、自分を捨てて新しい紙様を貰えと言う。
だが彰伊は「紙様として生きるのではなく、ただ自分の傍に居てくれ」と願うのだった。


感想;
彰伊&阿沙利のCPがすごく好きで、今回もこの二人のエピソードが入っていると知って大喜びしたものである。

彰伊が格好良い!

メガネのスーツ姿にクラクラきたものだ。
志水さんの描く男性はもうツボ。
あまりに美しさと格好良さにほれぼれしてしまう。

で、彰伊と阿沙利が喧嘩をしていると、そこに大きな災厄がきます。
その時に、あれほど遠ざけようとしていた阿沙利が彰伊を庇って災厄を引き受けようと前にでます。
(でもええか。最後に彰伊を守って死ねるわ)と関西弁が堪りません。

彰伊が一瞬早く、言霊を使って、

「災厄よ、俺に来いっ」と叫ぶのです。

傷ついた彰伊を阿沙利は治します。

というまさに原作通りのCDですごく良かったです。

彰伊は森川さんなんですが、私としてはもうちょっと強みがあって逞しい方でも良かったのでは?
と贅沢にも思ってしまいました。

森川さんの声はすごく綺麗だったのですが、綺麗で繊細過ぎて、
彰伊の自己中心的で(阿沙利を思ってのことですが)強気なんだけど弱気な感じ
(夫婦喧嘩して、実家に戻った奥さんを迎えに来ている旦那さんな感じです)(笑)
がもうちょっと欲しかったです。

阿沙利は大人で関西弁で千葉さんが綺麗に演じてらっしゃって、すんなり入っていきました。

森川さんの彰伊は真摯に思う気持ちが現れていて、それはすごく良かったです♪。
ちょっとコンラッドを彷佛してしまいました~。

千葉さんと森川さんは、どちらかと言うとお二人とも声質が綺麗で透き通っていて、似ているような気がします。

が、やはり彰伊&阿沙利の大人なCPは大好きです~~~。

「是」は大好きな作品なので、是非続きの3巻もやって欲しい~~。
そしたら一体どんな方がキャスティングされるのでしょう~♪。
玄間は?氷見は?と考えると愉しみです。

今回もすごく豪華な声優陣で悶えました。
鳥海さんは似合っていましたし、福山さんも楚々とした感じが良かったです。

一条さんも聞けて良かったし。
もっと出番が欲しかった~。

スポンサーサイト


ドラマCDや歌CD | コメント:(0) | トラックバック:(0)2006/04/28(金)22:04

トリビアの泉の影ナレが

なんと、山岡士郎役の井上和彦さんでした!!

あともう一人、ドラエモンのスネオさんです。
親愛なるお友達から教えて頂き、速攻家に帰ってテレビをつけました。

もう気だるい雰囲気の和彦さんに悶える悶える~。

話終盤の「闘犬の変態プレイ」にはもうあらぬ妄想ばかりをしていけませんでした~。
もう和彦さんったら「変態、変態っ」て連呼するんですもの。

説明しますと「闘犬のルール」なるものに、反則技として規定されている型があって、
それが「変態」です。

実は、それは交尾の形をとって、腰を振る!という型で、これを取ったら速攻負け!
となるそうです。

相手が戦意喪失するらしい。。
実際荒々しいワンちゃんがそれをやられてゲンナリしていました

でも闘犬って男×男では?!

戦意喪失なのか? 男の本懐遂げなくてよいのかっ?!(←?)
男なら初舞台立派に受けてみろーー!(←?!)

あはは。もう和彦さんの声に、嬉しいやら恥ずかしいやら。

和彦さんのトリビアの泉影ナレは、来週もあるそうです。
皆さん、どうぞお楽しみにして下さい。

姉に速攻メールしたら、聞き方が判らなかったと。。。非常に残念がっていました。
副音声にするんだよ~と教えたら、来週がんばる!と意気込んでいました。

のんけの姉よ、いつから和彦さん好き~だったか?


日記やメモ | コメント:(8) | トラックバック:(0)2006/04/27(木)08:58

今日のお買い物 「ボーイズラブって好きですか?(37005)」

コミック買いが止まらない。。そんなことではいけない(殴打)
と自分を叱咤している今日である。


1)ラ・ヴィ・アン・ローズ 著者:ヤマダサクラコ
ラ・ヴィ・アン・ローズ



2)恋愛バスストップ 著者:夏水りつ
恋愛バスストップ



3)それは一瞬の光、ではなく 著者:麻生海
それは一瞬の光ではなく



4)てのひらの星座  著者:穂波ゆきね、桜木知沙子
てのひらの星座



5)ノーカラー  著者:夏目イサク
ノーカラー



6)ファーラウェー  著者:日の出ハイム


日記やメモ | コメント:(4) | トラックバック:(0)2006/04/24(月)16:10

目を閉じないで 「ボーイズラブって好きですか?(37005)」

目を閉じないで

著者:西田東

内容;
特定の恋人を作らず、愛情も期待していない村上は、人事異動で新しい部署に入った。
上司の花田次長に見合いをけしかけられ、自分はゲイなので結婚はしないと告白する。

翌日、花田部長は、
「男同士でも結婚できる国があるぞ」と話しかけてくる。
おせっかいな次長に、「自分を本当に好きになってくれる人なんていない」と言う。

村上は、遊びで寝た男から道具を入れられたままになった。
どうしても抜けずに憔悴していたところ、次長から仕事の電話がある。

様子が可笑しいので駆けつけたところ、村上の幼さや可愛さに、ついに
「好きなやつができるまで、俺を好きになっていろ」と言う。

本気で好きになっていく村上は、気持ちを押しとどめようとまた別な男と寝る。
いきなり次長がマンションに入ってきて、その男に
「本気なのか、遊びなのかどっちだ?」と激しく迫る。

男は当然遊びであって、村上は次長と口論になる。
そういうことをするのに、次長は自分に何もしてこようとしない。
村上の抑えようとした気持ちが爆発する。

女性と一緒だった次長の前にでて、その次長の悪口を言うが、いつの間にか、
「次長は優しくて、部下の失敗もかばってくれて……」
幸せになって下さい、


と言い終えて走り出す村上を、次長は追いかけた。
ようやく二人は本当の気持ちに素直になるのっだった。


感想;
西田さんという漫画家さんを初めて読んだのですが、
キャラの真っ直ぐな気持ちが可愛いやら危なっかしいやらで
久しぶりにいいな~と思える作家さんだった。

絵は雑で荒いのですが、そんなことを気にさせなくなるほどのキャラがいい!

受けも太くて男性的なんですが、
中身は乙女で弱弱で、悩んで我慢して泣いて喚いて。

見た目は逞しい男性なのですが、読んでいくうちに二人が可愛いくて堪らない。

道具を入れられて困っていた村上のもとに駆けつける次長。

目をつむったまま、あーだこーだと言って、抜こうと奮闘するところが可愛いやら滑稽やらで。

次長「あ、すまん。触った」
村上「いえ、変態ですから。面白い格好になってますよ。見てみます?」


今回の村上は受けだと判ったのですが、西田さんはどっちが受けなの?!って
その場面になるまで(ちゅーだけでは判らない)判明できなかった。
そんな自分のBLの勉強不足に頭が下がりました~(笑)


小説やコミック | コメント:(0) | トラックバック:(0)2006/04/24(月)11:42

今日のお買い物 「ボーイズラブって好きですか?(37005)」

またも買い物がかさんでしまった部長に泣かされているmiである。

1)「目を閉じないで」
目を閉じないで

著者:西田東

西田さんは実は「願い叶えたまえ」が欲しかったのですが、目の前にこれしかなかったので取り合えず購入。
今一番気になっている作家さんです。



2)「夏時間」
夏時間

著者:国枝彩香

切ないと聞いて買ってみました。



3)「White guardian」
White guardian

著者:DUO BRAND

巌窟王アンソロジーからはまり、一度コミックを読んでみたいと思っていたので購入。



4)「フィラメント」
フィラメント

著者:漆原友紀

蟲師の方の作品集だったのでこれも前から読んでみたいと思ってました。



5)「ひなたの狼(1)」
ひなたの狼(1)

著者:斎藤岬

新撰組もののコミックが読みたくて探していたら、表紙にズギュンだったので購入。
この表紙の方、実は土方歳三さまなのです! うぉ~脳内変換して悶えそう!



6)「凍鉄の花」
凍鉄の花

著者:菅野文

これも新撰組ものです。土方さんと沖田さんメインのお話です。



7)「北走新選組」
北走新選組

著者:菅野文

函館戦争における新選組のお話です。


最近色んな作家さんに目覚めまして、どんどん読んでみようと思っています。

そのきっかけになったのは、実は思わず表紙買いしてしまった日高ショーコさんの本です。
「足りない時間」で、絵も話もすごく好きになって早く新刊でないかと待っています♪。

足りない時間



新刊情報!

4/27ごろ、今市子さんの「百鬼夜行抄(14)」
5/29   明治カナ子さんの「熱伝導」
5/29   DUO BRANDさんの「仄かな恋の欠片と」

発売が楽しみです。


小説やコミック | コメント:(2) | トラックバック:(0)2006/04/20(木)17:16

「是」3巻 「ボーイズラブって好きですか?(37005)」

コミック是-ZE-(3)

原作;志水ゆき

内容;
傲慢な玄間(げんま)の紙様となった氷見(ひみ)はいきなり激しく抱かれてしまう。
その行為に怯えながら弦間の家から逃れられない氷見。
玄間の父親の紙様だった氷見は、その遺言で家を護ることを言い渡された。
従順な氷見に対する凶暴なまでの純愛そして快楽、強要、執着。
玄間と氷見の切ない物語だった。


感想;

志水先生大好きです~~っ
と思わず叫びたくなるような切ないストーリーだった。

二人の気持ちがすれ違い、お互いの心が見えない。
乱暴かと思えば、ただ優しく添い寝する玄間。
何故抱かれるのかその理由が判らない氷見。


「もう無理です。許してください。出来ません……」
と布団に踞って泣く氷見が堪らない~。


何故だか判らないと言う氷見に、玄間はついに

「好きだからだ。小さい頃から氷見を自分のものにしたかった」と言う。

ようやく見えてきた二人の心に、恨みから玄間を刺そうとした男から庇って刺された氷見。

涙が溢れて、「自分の命より、あなたが大事」という気持ちがようやく判る。

はらはらと紙が散らばり、氷見はついに消えてしまう。


というところで続くになってしまった新キャラの二人。
もう切ない感じが堪りませんでした。

続きがすごく読みたいです。


小説やコミック | コメント:(2) | トラックバック:(0)2006/04/16(日)00:37

今日のお買い物

部長のヒステリーのせいで、思わずネットショッピングしてしまった自分が恐い今日この頃。

今日のお買い物リスト;

1)ビクターのポータブルMD (色はブラウン)
高音質フルデジタルMDプレーヤービクター XM-C37

壊れて2週間我慢したんですが、会社でこれがないと限界が~。昼休みにはぁはぁ♪を聞いているOLです。



2)男性キャラを描いてみよう!

オススメ書籍男性キャラを描いてみよう! 描くコツとポーズ集

表紙イラストが雪舟薫さん(月と茉莉花やFLESH&BLOODやスレイバーズラヴァの挿し絵をされています)だったので、つい(><;。



3)抱きしめたくない

抱きしめたくない

著者:直野儚羅さん



4)ヘイ!ドクター

ヘイ!ドクター
著者:内田かおるさん

CDが良いと聞いて、原作をまず読んでみることにしました。



5)四ッ谷渋谷入谷雑司ヶ谷!!

著者:あとり硅子さん
これはBLではなく、高校生の4人組のコメディです。
四ッ谷というのが魔法で友達に毒を漏ったり、変な動物造ったりするようなブラックな高校生。
その友達3人とのコメディもので面白かったです。




6)オヤジ拾いました。

オヤジ拾いました。
著者:三島一彦さん

これもCDが気になりまして、先に原作を読んでみます。
CDのキャストは、井上和彦さんと千葉進歩さんです。

ヘタれオヤジを拾った高校生の千葉さんが攻めらしい。
くぅ~~堪らん。


今月もはやピンチ! ヒステリー部長のせいで私の資金繰りが~~(滂沱)


ドラマCDや歌CD | コメント:(2) | トラックバック:(0)2006/04/15(土)00:41

世界は二人のために 「ドラマCDについて話しませんか(8951)」

世界は二人のために

著者:ふゆの仁子

のドラマCDを聴いた。

キャスト;
凪……三木眞一郎
堀江……小西克幸
キース……成田剣

内容;
巨大企業のガーディアンを務める秀麗な美貌の凪。
その同僚の堀江はずっと凪に熱い想いを寄せつづけていた。

かつて凪を力で屈従させた男キースが現れ、二人の関係が微妙にずれ始める。
キースの傍若無人な振る舞いに、怒った堀江はキースに殴りかかろうとした瞬間、
凪が土下座をして謝罪したのだ。

動揺を隠せない堀江は二人の過去に縛られていき、凪を乱暴に抱こうとするが、
こういうことがしたいんじゃないと堀江は苦しむのだった。

その後時限爆弾がみつかり、二人で解体をするが、それは実はキースの狂言だった
ことがわかり、ようやく二人は思いを遂げるのだった。

感想;

成田さんがすごく良かった~~!!

というか、かなりびっくりした。
成田さんがちゃんと演技している!!
変態チックじゃない!!


いつもそういう方向で悶絶していたのだが、今回の役も凪を乱暴に扱って、過去に思いの
ように抱いて鬼畜っぷりの格好良い役だったのだが、成田さんが変態じゃない~~~。

かなり驚いてしまったCDだった。

今回、私は三木さんと小西さんにつられて買ってしまったCDだったが、それ以上に
成田さんに感動してしまった。

小西さんは低く抑えた役柄で、のっけから

「好きだ。思いを受け入れられなくても良いから抱かせてほしい」

と告白するシーンから始まるのだが、ここでもうストンと堕ちてしまった。

まぁ実際この時は二人はなんでもなくスルーされたのだが、このコニタンにぐはっとなった。

最初想いが通じずずっと見守るだけだった堀江が、静かで穏やかでそれでも凪
のために想い続ける姿がいじらしくてよかった。


激情に流される訳でもなく、いつも冷静で凪のことだけを考えている堀江がいい。

またガーディアンという職業柄、三木さんの凪も静かで冷静で、抑えた演技がとても
良かった。

キースと凪の過去、
そして今の凪と堀江、


というように過去が絡まって今の話になっているのがとても面白い。
時限爆弾のシーンではこちらまでドキドキした。
原作を知らずとも、ドラマCDとしてもかなり面白いものとなっていた。

またおまけのCDで成田さんが良い演技をされていて、かなり成田さん急上昇となった。

トークでは三木さんの喋りが面白くて、一緒になって笑ったものだ。
成田さんがどんなトークをするかと思ったら、意外と普通の喋りで、やっぱり今回の
成田さんは違う~と思ったCDだった。



ドラマCDや歌CD | コメント:(4) | トラックバック:(0)2006/04/13(木)10:26

井上和彦さんが妖怪人間ベムに! 「私の好きな声優さん(12105)」

妖怪人間ベム

若い方はご存知ないかと思い、一応画像を貼りました。
これはシリーズ1作目の「妖怪人間ベム」です。

お父さんみたいな後ろにいるのがベムです。
そして女性がベラ、子供がベロ。
この三人、実はこれは仮の姿で、正体現すときゃーーなくらい立派な妖怪。
小さい頃は親子だと思っていましたが、言わば同じところから生まれた同志という感じです。

そしてケーブルテレビでなんと新シリーズが始まったので、懐かしさに見てしまったところ、
オープニングの歌が変わっていました。
へ~と思って聞いていたところ、ベムのお約束の絶叫シーン

「早く人間になりたーいっ!!」
が、なんと井上和彦さんじゃないですかーーーー!!!


はっきり言って仰け反りました。

もうあとは和彦さん聞きたさにずっと見ていましたが、もともとベムは口数が少ない上低音で地を這うような声!!
これはきっと和彦さんベム声を出すのにすごく作ってらっしゃるのでは?と思いました。
シリーズ1では小林清志さんだったので、ベムは次元~って思っていましたが、

ついに和彦さん、ねずっちょから妖怪に昇格!!(昇格なのか???)

和彦さん、妖怪人間でも素敵!

すごく愉しみになってしまった妖怪人間。
毎週見てみようと思います。

ストーリーは、地球のどこかにある魔の帝国から、妖怪の塊が日本に入って行きます。
「魔の世紀はじまる」とタイトルがでます!!

三人は船の積み荷から日本に上陸しました。
このシリーズの舞台は現代の日本で横浜のようです。

前シリーズと比べると妖怪が色鮮やかで(つまり結構グロイ)、
なんだか外国映画に出てくるようなモンスターに見えます。
恐さとしては、私は前作の方が日本らしいぞぞっとくるような恐さがありました。

そして晩ご飯時のゴールデンタイムに放送していいのか~と思うような内容。
だって、口から妖怪が入って精気吸って出てくる~っな感じでひ~ってなりました。

一つ思ったのですが、
ベラ、電撃なんて能力あったの? そして冷凍光線はいてるし!!




映画やテレビ | コメント:(4) | トラックバック:(0)2006/04/10(月)20:57

ブリリアント・blue 「ボーイズラブって好きですか?(37005)」

ブリリアント・blue(2)

著者:依田沙江美

内容;
三田工務店の跡取り息子である章造は、父の入院のため急遽実家に戻った。
そこで幼馴染の七海と再会する。
おっとりした七海だが、実は男と付き合っているのを知り驚いてしまう。

イヤだと言えない大人しい七海は、一旦は兄にばれて関係を切らされたのだが、
またもずるずると会い始めていた。

章造は、会いに行く七海の腕を取り、堂森とデートするか自分とトンカツを食べにくか選べとう。
七海は「トンカツ」と即答し、もう堂森と会わなくていいのだと章造に抱きついて泣くのだった。

感想;
作者の依田さんがコメントを書かれているのだが、

「アホ受け好きの属性」があると。

→まさにその属性にはまった自分だった。

もう七海が可愛くて可愛くて堪らない~~。

「しょうちゃん、しょうちゃん」
とまるで幼稚園生が母親に全面的に愛情を寄せる子供のようで、章造もいつの間にか七海に和まされていく様子が可愛かった。

地元なので、どんなに隠しても噂になる。その上七海の性格上、
隠し事はできない
嬉しいことが顔にでてしまう
好き~というハートマークを飛び散らす

というためついに二人のことが親にばれしまった。

七海の兄ちゃんズ(この兄ちゃんがマッチョですごく良いのだが)、七海に会わないでくれと言われて、二人は連絡も取れなくなってしまう。
夜中抜け出した二人は、心中したのだと思い両家族が心配のあまりに騒いでしまった。

無事に帰ってきたところを捕まえられて、もう元気でいるのならそれだけでいいと、両家族は認めてしまうのだが、一体何故心中になったのかと章造は思い、七海の置手紙を見ると、

「章ちゃんと遠くへ行きます。海の下でずっと一緒にいます」
というものだった。

真夜中のデートに海に誘ったつもりが、七海は一緒に死ぬつもりだと勘違いし、
それでもいいとついていったらしい。

その思いを知った章造も感激する。

七海の幼い性格を考えながら、キスから次の段階へいこうとする章造がすごく良かった。

最初ラブホテルに行こうとして作戦を練るところや、七海を餌付けするところ。

また自分の部屋で七海とようやく一つになれた時の二人はすごく可愛かった。

七海「男だから、しょうちゃんがっかりする」
章造「じゃあ見せて」
と、反応している自分を触らせるのだ。


二人を取り囲む人間模様が面白い。
私はどうも主人公だけでなく、それに係る人の思いというものが描かれている作品にかなり持っていかれる。

七海が可愛くてしょうがない! アホっ子属性、的に大当たりな自分だった。
もうマイブック決定となった本になった。




小説やコミック | コメント:(2) | トラックバック:(0)2006/04/10(月)11:18

星野リリィさんのコミックはキュンキュン

星野リリィさんの本を読んだ。

コミック(は行)花ムコさん

「花ムコさん」

長男に跡継ぎの男子が授かった時は、次男以下は男と結婚しなければならない」艸田家の厳しいしきたりにより男同士の夫婦になった公一郎と律の話だった。

律は小さい頃から公一郎を弟のように可愛がっていて、急なことに戸惑いを隠せない。

そんな律を公一郎は好きだと羽交い絞めしてしまう。

律は公一郎を突き飛ばしてしまい、自分の感情についていけない。
→この時の二人のやりとりにドキドキしてしまった。

また年下攻めだった公一郎が、一晩じっとして律の寝顔を見て、耐えている表情がたまらない。
翌朝普通にしているのだが、もう我慢いっぱいな感じがとても良かった。

大人びていく公一郎に段々自分の気持ちを素直にしていく律がすごく可愛かった。



花嫁くん

「花嫁くん」

同級生だった慎二と葵。結婚することが決まり相手を知った慎二は
「あいつだけはいやだ」と言う。

その言葉を聞いて傷付く葵。
「何故自分だけはだめなんだ」と問い詰めると、

「綺麗だって思ったことがあるから。今もそう思っているから」

と慎二は告白してしまう。

葵のうるうる涙の瞳には、こっちも一撃されてしまった。

そして初夜の晩、葵は「一度だけでいいから抱いて」と言う。
慎二がその思いを汲んで抱こうとすると、
「やっぱりいやだ。男の自分の身体を慎二は気持ち悪くなる」と泣いてとめるのだ。


→その時の葵が可愛くて可愛くてもう胸にキュンキュンきてしまった。

葵「幸せすぎて。ふわふわして怖い」
慎二「ずっとこうして抱いていてやる」

もうこの二人の新婚生活が可愛くて可愛くて最高だった。
星野さんのコミックすごく良いです♪。胸にキュンキュンきて大好きになってしまった。
受け君の健気で一途で、涙いっぱいの表情がすごく可愛い~~。

まだ色々出版されているので、マイブック決定になってしまった~。


小説やコミック | コメント:(4) | トラックバック:(0)2006/04/08(土)00:20

今日からマ王! キャラクターソング ウェラー卿 コンラート

新譜☆今日からマ王! キャラクターソングシリーズvol.2 ウェラー卿 コンラ-ト(森川智之)

「今日からマ王!」はとても好きな作品で、
きっと世の腐女子がどれだけミラ変換して萌えただろ。

ウェラー卿 コンラートのキャラソンを聞いた。



森川智之さんの歌声は春抱きで聞いていたので、ちょっと高めで優しい声だ。
今回はきっとユーリを思っての曲だろう2曲入っているのだが、2曲目がなんとエルビス・プレスリーのヒット曲
「Can't help falling in love with you (愛さずにはいられない)」だったのだ。

この曲実はカラオケでよく会社の上司が歌っていた。。。
結構カラオケでこの曲はずどんときていた(笑)。

森川さんに歌っていただけたことで、
なんとも美しいユーリへの「愛さずにはいられない」が聞けてよかった♪

「今日からマ王 ムラケンズ++」も聞いた。

これはムラタがメンバーを抑えて圧勝!なCDドラマだった。
すごく面白くて、聞きながら爆笑してしまった。

最大の山場は、ちょっと仲間はずれになったコンラートが言うのだが、
「そんなはずがアラスカ」

もうシリアスなコンラートが真面目にだじゃれを言うのが爆笑だった!
そしてムラタ役の宮田さん、あなたはすごく面白い!って感動してしまいました。
このシリーズ本当に楽しくて、泣いて笑って感動ものです。


未分類 | コメント:(6) | トラックバック:(0)2006/04/06(木)17:37

嫁に来ないか

嫁に来ないか

著者:新也美樹

画像左側の黒髪の敬吾の元に、いきなり「嫁にきました」と言って押し掛け女房になってしまった一美。
その家事全般の手際に惚れ惚れしながら、いつの間にか同棲は始まった。

一美の裸エプロンに大爆笑だった。

図体が大きくて、お尻がはみ出していて、それでも甲斐甲斐しく晩ご飯の用意をする姿がとても可愛かった。

その大きななりで敬吾につくすいじらしさが可愛くて、このばかップルぶりがすごく新鮮で良かった。

仕事で失敗した敬吾を迎える一美。
会社では上司だか家に帰れは私は妻だと言う。
会社の愚痴も何もかも受け止めるという一美に、ついに敬吾は好きだと認めてしまう。

私もこんな嫁が欲しい~♪
こういう素直で一途な物語りはとても大好きです~。


今日はすごい雨と風で、朝通勤バスから降り立つと、まっすぐに立てない。
その上、傘が飛ばされそうで必死に握っていたがもう限界だった。
私の職場は海の埋め立て地で、まさに甲板の上のような天候になることがおおい。
傘のビニール部分だけが空を飛んで行く様子を何度見たことか?!

流石の天気に傘を閉じてコートのフード部分を被ったところ、

目の前を歩く人々は皆同じように傘を閉じていた。。。

そして当然、皆ずぶ濡れ。。

あはは。皆同じなんだな~と思ってしまった。


未分類 | コメント:(2) | トラックバック:(0)2006/04/06(木)17:34

THE 浪漫茶房



久しぶりにゲームを買ってしまった。

ストーリー;
プレイヤーは和菓子屋を経営する両親の一人娘。
国公認の銘菓(名物)を決める大会が開催される。
そこでこの大会に優勝したらお店を開きたいと両親に話す。
両親は「実家の店を1年間破産することなく経営できたら」と言って、
お店経営のゲームがスタートします。
新しい菓子作りや大切な人との出逢い。
念願のお店は一体どうなる?というゲームである。

CV:森久保祥太郎/置鮎龍太郎/岡野浩介/矢薙直樹/竹若拓磨

何を隠そう、皆様もご存知かと思いますが、

置鮎さん目当てで買ってしまった~~。

まずはがんばってみます。


日記やメモ | コメント:(2) | トラックバック:(0)2006/04/03(月)19:27

2006年の桜3

愛宕神社の桜はすっかり8分咲きになっていました。
今日は曇りで、写真がうまく撮れませんでした。
今夜は雨らしくて、花が落ちないか心配です。


日記やメモ | コメント:(2) | トラックバック:(0)2006/04/01(土)20:50

2006年の桜2

本日3/31の桜です。
すっかり開いていました。


日記やメモ | コメント:(0) | トラックバック:(0)2006/04/01(土)20:49

2006年の桜

今年も桜の季節になりました。

私の家からすぐのところに愛宕神社があります。
ここにも沢山の桜があって、毎年見に行きます。

3/29日の桜です。まだつぼみが多かったです。


日記やメモ | コメント:(0) | トラックバック:(0)2006/04/01(土)20:43

«  | ホーム |  »


FC2カウンター

プロフィール

mi

Author:mi
ようこそ!「miの囁き部屋」へ

声優さんとキャラソンとアニメとBLが中心です。


<最近見ているアニメ>
ジョジョの奇妙な冒険-スターダストクルセイダース / 蟲師 続章 / ハイキュー!! / 魔法科劣等生 / 金田一少年の事件簿R / 悪魔のリドル / NARUTO / ワンピース


<好きな作家さん>
桑原水菜 / 木原音瀬 / 英田サキ / 榎田尤利 / 月村奎 / 今市子 / 志水ゆき / 山田ユギ / 日高ショーコ / 夏目イサク / ヤマシタトモコ / 黒乃奈々絵 / 柴田よしき / 京極夏彦 /


<好きなゲーム>
ときメモGS(1st,2nd,3rd) / ウィルオウィブス / 薄桜鬼 /


 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。