スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

超モテ期~わたし、どうしたらいい?~兄弟編 「ドラマCDについて話しませんか(8951)」



「超モテ期~わたし、どうしたらいい?~兄弟編」

【キャスト】
長男・徹:石田彰
次男・裕貴:櫻井孝宏
三男・栄治:宮田幸季   

【トラック】
1.いつもの朝
2.長男・徹に送られて学校へ
3.三男・栄治と屋上でお昼
4.友人・恭子と放課後ファーストフード店で
5.次男・裕貴と夕食の買い物
6.転機
7.栄治の部屋で
8.裕貴と台所で
9.徹と縁側で
10.~わたし,どうしたらいい?~
11.ED~徹
12.ED~裕貴
13.ED~栄治
14.キャストクレジットトーク


【感想】

こちら「合コン編」に続き、第二弾。

お話は両親がいない三兄弟にご飯を作りにきている近所の幼馴染みという設定です。


長男は、親の残した花屋を継いでいます。

次男は、製薬会社の研究員。

三男は、まだまだやんちゃな高校生。


長男に見合いの話が上がり、花屋のために見合いをすると言った長男に

「自分を犠牲にするなっ」と次男がキレます。

そこに三男も入ってきて、兄弟ケンカ!!!


お互い、自分の気持ちにケリをつけようと告白をします。




長男を選ぶと、

「俺と一緒に頑張ってくれないか? 俺と結婚してくれ」


そして、お腹には赤ちゃんができ、幸せな花屋を経営しています。


「お前は俺の最高の女神様だ。お腹の子供とお前のために頑張るよ。
 おっと忘れ物。言ってきますのチュウ」

ぐはっ、石田さんが甘いっ!!!!




次男を選ぶと、

アメリカへ留学して待たせてしまい、ようやく結婚式となり、
ウェディングドレスのシーンとなります。


「誓いのキスの前にするのは、反則かな?」


櫻井さんが甘い~~~~




三男を選ぶと、


ようやく就職の内定をもらったと喜び勇んで帰ってきます。

「給料三ヶ月分で、お前をさらいに行くからな」




そして実は一番楽しかったのが、キャストトーク!!



宮田 「モテ期が人生に三回あるそうですよ。石田さんは、70代前半で一回と、80代後半と90代半ばで一回」

石田 「うわー、俺長生きっ、やった!」

櫻井 「90代のモテ期ってどんなん? 天にも昇る気持ち?」

石田 「まさにね、天に近くなってくるからね」(爆笑)

宮田 「ゲートボールチームで、モテモテですよ」(爆笑)

櫻井 「朝デートだな」


---

宮田 「そしてモテ期が全く来なかった方のために、このCDを聞いてもらって」

二人 「ええー?」

宮田 「私、モテてる?って感じで。でもこれで一回使うのもやだなー」


---

宮田 「三兄弟でというのが。某キャッツアイも三姉妹ですし」

石田 「某の意味がない」(笑)

宮田 「あ、もしかしたら夜は三兄弟はレオタードを着てて」

石田 「ええ? 男なのに?」(笑)

宮田 「父の描いた絵を盗みにいって、ドッグアイです」

二人 「(爆笑)」


---

宮田 「他にも月刊男前図鑑というのがあって」

石田 「月刊なに? 次やるとしたら?」

宮田 「月刊科学の実験とか」

櫻井 「月刊ってつけると、ディアゴスティーニって感じが」

宮田 「それ、ダメっ(笑)」

櫻井 「月刊戦国武将とか」

石田 「あははー」


石田 「超モテ期でも、魚屋さん三兄弟とか」

櫻井 「漁師とか」


石田 「あーた、無事に帰ってきてよーー(涙)」(爆笑)


櫻井 「そんな大変な漁に? いや、帰ってこないと話が進まないです」(爆笑)

宮田 「アリだと思います」(爆笑)





石田さんと櫻井さんがこんなに喋っているのはとても嬉しかったです。


そして、是非とも 「月刊男前図鑑 戦国武将」をやってほしいーーー☆

出陣の前の切ないストーリーとか、

我が主君を密かに慕う従者とか、

拉致られた主君を救いにいく従者とか、

我が主君を庇って討たれるとか、



つーか妄想のピンポイントが伊達主従じゃないかー?! → 自分(あはは) 済みません。


是非、中井さんと森川さんにお願いしたいーー☆♪☆



このシリーズ、まだまだ期待していきたいです。

スポンサーサイト


ドラマCDや歌CD | コメント:(6) | トラックバック:(0)2009/06/07(日)21:02

赤毛のアン ドラマCD



「ドラマCD 赤毛のアン」

【原作】L・M・モンゴメリ
【イラスト】びっけ

【キャスト】
代永 翼(アン・シャーリー)
浜田賢二(マシュウ・カスバード)
置鮎龍太郎(マリラ・カスバード)
小野大輔(ギルバード・ブライス)
岸尾だいすけ(ダイアナ・バリー)
平川大輔(フィリップ先生、ナレーション)


【感想】

名作『赤毛のアン』をあえて男性声優のみでキャスティング!!

あまりの豪華な声優陣にぎゃー(〃▽〃)となりました。


まずはストーリーですが、皆さんもご存知の通り、進んでいきます。
これといった脱線もなく、小さい頃見ていた○○劇場のアニメを
思い出しました。


代永さんがアンなんですが、いやーもう聞いていたらアニメのアン
そのまんまって思いました。
とても似合っていました。白昼夢で空想しているアンが可笑しかったです(笑)


そして、小野さんのギルバートが格好いいーーー!!


まずはお約束のアンの赤毛を

「にんじん、にんじん」 ってからかうのが可愛いーー。



また、ボートで川に溺れそうになったアンを助けます。

その時真摯に「友達になってほしい」とギルバートが言います。

この時の小野さんの声が真剣で格好いいいーーーー。



なのにアンは、

「永遠に友達になるなんてないわっ(怒)」といいます。

→心の中ではアンを「しつけーぞっ、おまえ」と叫んでおりました(汗)



後半、マシュウが病気で死ぬシーンは泣きそうになりました。


そして今回光っていたのは、マリラ役の置鮎さん!!!

もうどんなおばさんになるのっ?てドキドキしていましたら、

『マリラ、そのまんま!!!』


アンを怒る時や、ちょっとひねた言い方をするところや、もうおばちゃん素敵って感じでした。

流石は置鮎さん、素晴らしいですぅー。



そして今回楽しかったのが、特典トーク!!
赤毛のアン創刊100周年ということで、100年前にいたら、何をやってる?の質問に、

置鮎さん「名前が名前だから、魚屋さん?」

小野さん「置鮎鮮魚店とか(爆笑)」

みんな「丁寧な魚屋さんでしょうね」

置鮎さん「えーお魚~、お魚はいかがですか?」(優しいイイ声です)

みんな、爆笑でした。


そしてイメージソング「Let's Go!!!」がめちゃくちゃいい曲で素敵でした。





そして、こんなものも発売されます。

7/23 特典付「真夏の夜の夢」

モモグレMEN’Sオンリーシリーズ第2弾!

原作:ウィリアム・シェイクスピア

【キャスト】
森川智之(シーシアス)、小西克幸(ヒポリタ)
諏訪部順一(イジアス)、羽多野 渉(ライサンダー)
前野智昭(デミトリアス)、櫻井孝宏(ハーミア)
野島健児(ヘレナ)、大川 透(オーベロン)
下野 紘(パック)


男だらけでムンムンしそうですね。きゃ!

こちらもすごいキャストです(〃▽〃)




ドラマCDや歌CD | コメント:(6) | トラックバック:(0)2009/06/04(木)23:12

«  | ホーム |  »


FC2カウンター

プロフィール

mi

Author:mi
ようこそ!「miの囁き部屋」へ

声優さんとキャラソンとアニメとBLが中心です。


<最近見ているアニメ>
ジョジョの奇妙な冒険-スターダストクルセイダース / 蟲師 続章 / ハイキュー!! / 魔法科劣等生 / 金田一少年の事件簿R / 悪魔のリドル / NARUTO / ワンピース


<好きな作家さん>
桑原水菜 / 木原音瀬 / 英田サキ / 榎田尤利 / 月村奎 / 今市子 / 志水ゆき / 山田ユギ / 日高ショーコ / 夏目イサク / ヤマシタトモコ / 黒乃奈々絵 / 柴田よしき / 京極夏彦 /


<好きなゲーム>
ときメモGS(1st,2nd,3rd) / ウィルオウィブス / 薄桜鬼 /


 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。